木を見極め、それを活かす匠の技

地域の気候風土や生活に合わせて、
先人がつちかってきた技術の結晶。

デキノヤホームは、家の構造として「在来軸組工法」を
基本としています。今では少なくなってきた伝統技術を受け継ぐ大工が
おりますので、本格的な「手刻み」による家づくりにも対応できます。
無垢材を使う私たちにとって、大工の目で一本一本の木の性格を
見極めることは大切な基本だと考えます。

もちろん、「プレカット」による木組みもできますので、
お客様の家づくりに合わせてご検討いただけます。

手刻み

大工の技がとくに発揮させるのが接合部。
特殊な継手や仕口は手加工し、
建物の力のかかる場所に応じて使い分けます。

施工

デキノヤホームの強みである職人技術を活かした在来軸組工法。
強く美しい無垢の木と、永く付き合っていきたい方に。
構造の主要な柱・土台には、耐久性にすぐれた国産檜を使用。

プレカット

CADシステムと機械加工により、
均一性能の強く高品位な部材加工を行います。

▲ ページの先頭へ