桧のフローリングを中心とした和モダンの家

この家の特徴としては1階、2階の床材が桧を中心とした作りになっています。
また今の若い世代の人気の和モダンとなっております。
またリビングと階段の繋ぐ所に引き戸を設けて暖房の熱が2階に逃げないように
してあります。
そして階段の途中に今流行りのスキップフロアを設置してお子さんの遊びの場、
旦那さんの仕事の場等で使用できるスペースを確保しました。

DATA

モデルハウスY1

竣工年月:
2018年3月
家族構成:
夫婦+子供3人
延床面積:
123.51㎡
敷地面積:
213.18㎡
▲ ページの先頭へ